トップページ > 環境学習支援ツール > アイスバーの竹とんぼ

アイスバーの竹とんぼ

  1. 子どもたちに伝えたいこと
    • 身近なもので、自分で遊び道具を作りだす経験をする。
    • 飛行のしくみを知るきっかけとなる。
  2. 実施時期
    通年
  3. 実施場所
    室内(+校庭・体育館)
  4. 対象学年
    低学年 中学年向き
  5. 関連教科
    図工、理科、生活科 総合
  6. 時間数
    1時限~2時限
  7. 事前準備
    1. 学校:自分の名前を書いたアイスバーを集める。
    2. どんぐりクラブ:学校より回収したアイスバーの中心に2.5mmの穴あけ 竹とんぼの見本 作り方の図 竹串150mm 布やすり#80
  8. 当日
    1. 準備する材料や道具
      • 学校: 竹串 ポスカ
      • どんぐりクラブ:穴の開いたアイスバー 見本 作り方の図 竹串150mm、剪定バサミ 布やすり#80、グルーガンとホットボンド
    2. 授業の流れ
      1. あいさつ
      2. 竹とんぼについて(「飛行のしくみ」または「昔遊び」について)
      3. 作り方の説明
        • 作り方の図と材料で説明
      4. 作成作業
        • 削る部分のマーキング
        • アイスバーの印の付いた部分を紙やすりで削る。
        • アイスバーで作った、翼と竹串の軸を接着する。
        • 飛ばしてみて、軸の長さを切って調整。
        • 翼と軸に自分の好きな色を塗る。
      5. 飛ばしてみる。
      6. 感想の発表 終わりのあいさつ
    3. 備考
      • 作成作業は教室の机でするのが好ましい。
      • 切出しナイフを使わないので、低学年でも安全である。

     

    ページ上部に戻る