トップページ > 環境学習支援ツール > 虫と友だちになろう

虫と友だちになろう

  1. 子どもたちに伝えたいこと
    • 虫をきっかけとして身近な生き物に親しむ。  
  2. 実施時期
    通年
  3. 実施場所
    野外(校庭や公園など)
  4. 対象学年
    低学年
  5. 関連教科
    生活科 総合
  6. 時間数: 
    1時限
  7. 事前準備
    1. 学校:子どもたちのグループ分け
    2. どんぐりクラブ:フィールドの下見、ワークシートの作成
  8. 当日
    1. 学校で用意する材料や道具  
      画板、筆記具(児童が各自持っている)、虫入れ(ペットボトルなどで手作り?)、虫メガネ(あれば)、ワークシートを事前に配布
    2. 授業の流れ
      1. あいさつ・注意
      2. ワークシートの説明
        • 今日は皆さんに虫さんと友だちになってもらいたいと思います。  
        • どこを探したらいいでしょうか。プリントを見てヒントにしてください。
        • 虫がどこにいるか、何をしているか、よく見て書いてください。
        • それから、そっと虫入れに入れましょう。
        • もし、捕ることができなくても大丈夫です。班の友達と一緒に見ることにします。
      3. 虫探し
        • どんぐりクラブの人は、子どもたちの相談にのり、見つける手伝いをする。
      4. 虫の観察とワークシートへの記入
        • 班ごとに集まって作業。時間があればワークシートの裏に絵をかく。
      5. 発表
        • どんな虫を見つけたか、どこで見つけたかなどを発表してもらう。
      6. 終わりのあいさつ
  9. 備考
    • 事前に虫を見つけやすい場所を確認しておくとよい(できれば先生とも情報共有しておく)。
    • 身近なフィールドで実施できる。
    • 冬の場合は冬用のワークシートを用意する。

 

ページ上部に戻る