トップページ > 環境学習支援ツール > たんぽぽのふしぎ

たんぽぽのふしぎ

  1. 子どもたちに伝えたいことたんぽぽ
    • 道端で見られる植物の代表であるたんぽぽを通して、植物が子孫を増やすための工夫や生き抜くための工夫などを感じてもらう。 
    • 同じように見えるたんぽぽにも在来種である関東たんぽぽと外来種の西洋たんぽぽがあることと その見分け方。
  2. 実施時期
    4月~5月中旬
  3. 実施場所
    野外(校庭・公園・原っぱ)
  4. 対象学年
    2.3年
  5. 関連教科
    2年国語 生活科
  6. 時間数: 
    1~2時限
  7. 事前準備
    1. 学校:特になし(2年生の場合 国語「たんぽぽのちえ」の説明文を読んでおくとよい。)
    2. どんぐりクラブ
      • タンポポの自生している場所の下見
      • 資料の作成
        たんぽぽクイズ ・ 西洋たんぽぽと関東たんぽぽのちがい ・ たんぽぽのちえ
      • 資料の準備
        関東たんぽぽの花 ・ 西洋たんぽぽの花 ・たんぽぽに似ている花
  8. 当日たんぽぽのちえ
    1. 準備(材料・道具等)
      学校:プロジェクター  スクリーン
      どんぐりクラブ
      • たんぽぽのちえのプリント
      • たんぽぽ(関東たんぽぽ、西洋たんぽぽ、たんぽぽに似ている花)
      • パソコン
    2. 当日の流れ
      1. プロジェクターでたんぽぽの写真を見ながら、たんぽぽの話を聞く。
        • タンポポの知恵
        • 在来種と外来種のちがい
      2. 野外に出て、たんぽぽを観察する。
      3. たんぽぽクイズを考える
  9. 備考
    • 2年生の国語に「たんぽぽのちえ」という単元があるので、どんぐりクラブとして支援をしていきたい。

 

ページ上部に戻る