トップページ > 環境学習支援ツール > 日野の生きものの上映

日野の生きものの上映

  1. 子どもたちに伝えたいこと
    • ふるさと日野の四季の映像を見て多くの生きものが生きていることを知ってもらう。  
    • 身近に多くの生きものを見つけ、親しみ、ふるさとに誇りと愛着を持ってもらう。
    • ふるさとの環境をどのようにしたら守れるか考える。
  2. 実施時期
    年間(4月から7月が多い)
  3. 学校の体育館または、暗幕のある部屋実施場所
    学校の体育館または、暗幕のある部屋
  4. 対象学年
    中学年~高学年向き
  5. 関連教科
    総合、生活科、理科
  6. 時間数
    1時限、2時限 (要望に応じて上映・説明)
  7. 事前準備
    1. 学校:上映内容の打ち合わせ、資料を事前に生徒に配布する。プロジェクター及び台、電源ドラム 、マイクを用意する。体育館等を暗くする。
    2. どんぐりクラブ:上映内容の打ち合わせにより、映像と上映内容の資料4枚程度用意する。ビデオカメラ、スピーカー、さかなの標本、手で触れる標本(プラチナネ―ション)6体、生きものの写真(A4)80枚、日野の地図2枚、昭和22年の航空写真、水生生物のパンフレット等
  8. 当日の流れ(例示)日野の四季
    1. あいさつ (3分)
    2. 学校:どんぐりクラブの紹介、配布資料の確認等
    3. ひのどんぐりクラブ:自己紹介と各種映像等の説明
    4. 日野の自然環境の変化(航空写真での説明) 1946年、2017年航空写真と人口の変化を説明
    5. 日野の生きもの(日野の四季)(20分) 風景・動物・魚等64シーン。
    6. 4年生総合学習 ふるさとの環境を守ろう! 「谷地川でさかな捕り」(10分:某小学校4年生)「僕も私も行きたい!」という気持ちにさせるのがねらい。
    7. 学習成果の発表:プレゼンテーション大会(3分)
    8. 質疑応答 子どもの気持ちの中に「なぜか?」「どうなっているのか?」等疑問を多く出したい。
  9. 備考
  1. 日野の四季(60分、40分、30分、20分)
  2. 日野の四季(春、夏、秋、冬)
  3. 日野の自然環境の変化(航空写真) 5分
  4. 浅川と谷地川のさかなと水生昆虫 10分
  5. 谷地川でさかな捕り(日野某小 四年生) 10分
  6. 学習成果の発表:プレゼンテーション大会(日野某小 四年生) 6分
  7. 各種生き物の1-2分程度の映像

 

ページ上部に戻る