リース作り

  1. 子どもたちに伝えたいこと
    • 蔓や飾りに使う身近な植物を通して、植物へ親しみを感じてほしい。
  2. 実施時期
    10月~12月頃まで
  3. 実施場所
    室内(葛の採集から取り組む場合は、川原も)
  4. 対象学年
    全学年
  5. 関連教科
    総合 図工 生活科
  6. 時間数
    1時限から3時限
  7. 事前準備
    1. 学校:リースにつける飾り
    2. どんぐりクラブ:葛で作ったリースの台の製作  飾りに使う植物の採集
  8. 当日
    1. 準備する材料や道具
      • 学校:グルーガンとホットボンド 木工ボンド
        造花製作用のワイヤー 飾り類(リボン等)
      • どんぐりクラブ:グルーガンとホットボンド
        ワイヤー リース台 飾り類 説明用の葛のつる
    2. 授業の流れ
      1. 葛の話
        • 実際の葛を見て、生えている場所などについて
        • 葛根湯や葛粉として利用されていることなど
        • 外国では外来種として困っているところもあること
      2. リースの作り方の説明
        • 最初に吊りひもをつけること
        • どんぐりなどワイヤーでつけられないものは、グルーガンで付けてもらうこと。グルーガンは熱いので、やけどしないよう気を付けること
        • 松ボックリなどはワイヤーで取り付けること
      3. リース作り
      4. 発表
    3. 備考
      • 葛や自然物の採集から取り組めればいい。朝顔やイモの蔓にも変更可能。
      • リースに飾るものは、できるだけ自然物にするとよい。
      • 例 木の実(松ボックリ ハンの実 ノイバラの実 どんぐり等)
         木の葉(柊 椿等)
           草の実(エノコログサ カラスウリ等) その他

     

    ページ上部に戻る