トップページ > 環境学習支援ツール > まつぼっくりの剣玉

まつぼっくりの剣玉

  1. 子どもたちに伝えたいこと
    • 身近にある自然の贈り物松ぼっくりを使って、伝統的な遊び道具を作って遊ぼう。
  2. 実施時期
    通年
  3. 実施場所
    屋内
  4. 対象学年
    低学年
  5. 関連教科
    生活科・図工
  6. 時間数: 
    1時限~2時限
  7. 事前準備
    1. 学校:タコ糸を70~80センチの長さに切っておく。
    2. どんぐりクラブ:松ぼっくり
  8. 当日
    1. 準備する材料や道具
      • 学校:紙コップ(200cc) タコ糸(70センチ) ゼムクリップ ポスカ等
      • どんぐりクラブ:松ぼっくり グルーガンとホットボンド ポスカ 透明コップ 松の種
    2. 授業の流れ
      1. 松ぼっくりや剣玉の話
        • 松の種は羽根をつけており、風に乗って遠くに飛んでいき仲間を増やす。
        • 種を上に投げて落ちるところの観察
        • 雨に濡れるとどうなるか予想させ、透明コップに松ぼっくりを入れる。
        • 昔はよく剣玉遊びをしたこと
      2. 紙コップに名前を書く。
      3. 松ぼっくりにタコ糸を結び付ける。
      4. 紙コップの底に鉛筆で穴をあける。
      5. タコ糸の先を紙コップの底から通す。
      6. タコ糸の先にゼムクリップをつけて、紙コップの底にセロテープでとめる。または、グルーガンでとめてもらう。
      7. 紙コップに絵や模様を描く。
      8. いろいろな遊び方を工夫する。
      9. 笠が閉じる実験の結果を確かめる。
  9. 備考
    • 大変簡単に作ることが出来ますが、子どもたちは遊び方を工夫して楽しむことができます。

 

ページ上部に戻る