トップページ > 環境学習支援ツール > まつぼっくりのクリスマスツリー

まつぼっくりのツリー

  1. 子どもたちに伝えたいこと
    • 身近にある自然の贈り物まつぼっくりを使って、季節にふさわしい素適な置物を工作してみよう。
  2. 実施時期
    10月~12月
  3. 実施場所
    屋内
  4. 対象学年
    全学年
  5. 関連教科
    生活科・図工
  6. 時間数
    1時限~2時限
  7. 事前準備
    1. どんぐりクラブ:松ぼっくり 木の台 小さな木の実等
  8. 当日の準備(用意する材料や道具)
    1. 学校:木工ボンド ポスカ  新聞紙 グルーガンとホットボンド(あれば)
      トイレットペーパー (児童) 飾り物 新聞紙(机が汚れないように)
    2. どんぐりクラブ:グルーガンとホットボンド 松ぼっくり 木の台 ポスカ 木の実等 ピンセット 剪定ばさみ 保冷剤 透明カップ
  9. 当日の流れ
    1. 松ぼっくりの話
      • 松の種は羽根をつけており、風に乗って遠くに飛んでいき仲間を増やす。(飛ばしてみせる)
      • 松は荒地にも育つことができ、昔から海岸林や並木として利用されている。
    2. 松ぼっくりを水の中に入れてどうなるか予想をし、コップの中に笠をいれる。
      • 雨に濡れるとどうなるか
    3. 松ぼっくりに色を塗つたり、ボンドで飾りをつける
      • 小さなものや軽いものは木工ボンドで付ける。
      • 大きなものや木工ボンドでつかないものはグルーガンで付けてもらう。グルーガンはやけどをしないように気を付けることを伝える。
    4. 発表
    5. 笠が閉じる実験の結果を確かめる。
  10.   

 

ページ上部に戻る