トップページ > 環境学習支援ツール > ヤジロベエの工作

ヤジロベエの工作

  1. 子どもたちに伝えたいこと
    • 身近なもので、自分で遊び道具を作りだす経験をする。
    • 自然物を使った工作で、身近な植物に親しむ。
    • どんぐりの木の種類を知る
  2. 実施時期
    10月~1月頃
  3. 実施場所
    室内
  4. 対象学年
    低学年 中学年
  5. 関連教科
    図工 理科 生活科 総合
  6. 時間数: 
    1時限
  7. 事前準備
    1. 学校:どんぐりが用意できれば
      (クヌギ、マテバシイ コナラ)
    2. どんぐりクラブ:台木・支木
      予備どんぐり 竹串(150mm) 楊枝
      ドリル どんぐりに穴をあけておく
  8. 当日
    1. 準備する材料、道具
      学校: ポスカ、木工用ボンド 新聞紙
      (児童の机の汚れ防止用)
      どんぐりクラブ:穴をあけたどんぐり(児童一人につき3個)竹串 台木 支木 ポスカ グルーガンとホットボンド どんぐりについての説明用写真
    2. 当日の流れ
      1. あいさつ
      2. どんぐりの話し
      3. 作り方の説明
      4. 作成作業
        • どんぐりに竹串をさす。
        • どんぐりにぼうしをつける。
        • 台木と支え木を楊枝でつける。
        • 自分の好きな色を塗って完成。
      5. 終わりのあいさつ
  9. 備考
    • 低学年にはどんぐりの穴あけは難しく危険なので、事前にどんぐりクラブで穴をあけておく。
    • できれば学校でどんぐり拾いをすると良い。

 

ページ上部に戻る