トップページ > 環境学習支援ツール > ストーンペインティング

ストーンペインティング

  1. 子どもたちに伝えたいこと
    • 川原には、いろいろな形や色の石があること知り、川や川原に親しみを感じ、興味を持ってもらう。
  2. 実施時期
    通年
  3. 実施場所
    野外および室内
  4. 対象学年
    低学年 中学年
  5. 関連教科
    生活科 総合、図工、理科
  6. 時間数
    2時限~3時限(学校~川原の遠近による)
  7. 事前準備
    • 学校:河原にいく服装や持ち物の説明
    • どんぐりクラブ:川原の下見
  8. 当日
    1. 準備する材料や道具
      • 学校:新聞紙 ポスカ
      • どんぐりクラブ:ポスカ つや出し用スプレー
    2. 授業の流れ
      1. あいさつ
      2. 石の種類や化石の説明(資料)
      3. 河原へ移動
      4. 石の採取
      5. ゴミ拾い
      6. 教室へ移動
      7. 見本を見せるなどしてペインティングの説明
      8. ペインティング作業
      9. 発表
        • 作品を見せ合ったり、何を創造して作ったか、どこが難しかったかなど発表
      10. 終わりのあいさつとまとめ
  9. 備考
    • 河原は危険な場所もあるので、注意事項を知らせておく。
    • 石の採集とペインティングを別々の時限に実施しても良い。
    • フィールドに出ると、ゴミが散乱していることが多く、ゴミをどんぐりクラブの人たちが拾い集めて児童たちに見本を示すと、環境問題を考えるきっかけになる。

 

ページ上部に戻る